『紀信』の作品紹介です

紀信という人は、実在の人物で

紀元前202年、漢の高祖となった劉邦の

替え玉王だったと言われています

CAI_0082

私の物語の紀信は年若い青年で、

なぜか劉邦を毛嫌いしています

CAI_0081

そんな紀信が、なぜ劉邦軍に入ったかというと・・

CAI_0084

「食・軍・信 このみっつのうち どうしても捨てねばならぬとしたら、何を捨てますか?」この質問に

劉邦は まずは「軍」と答え

次には「食」と答え、

最後まで「信」を残したのでした

CAI_0085

紀信は、徴兵のための作り話と知っていながら劉邦軍に入り

今、負け戦で逃亡兵が続出しているのに城に残る・・

CAI_0080

軍師・張良は劉邦を逃すため 替え玉の王を探すのだが・・

CAI_0083

もう一人の軍師・陳平も、替え玉王で敵をひきつけ

劉邦を逃す算段をする

しかし、陳平の身勝手さに気づき、毒づく紀信

CAI_0087

その陳平により、替え玉王に任命されてしまう紀信

心揺れる紀信を、張良は逃がそうとするのだが・・

CAI_0088

「オレはただ 見たかったんだ・・

人が生きるのに 食よりも軍よりも

信が大切だなんて言うやつが

この戦乱の中 本当に生きているのか」

張良に、自分が劉邦の軍に入った理由を語り始める紀信

CAI_0090

紀信が本当に求めていたのはなんだったのか?

次の朝、劉邦の替え玉となることを決心する紀信だった

CAI_0092

この話は、あまりにも理不尽で

当時、「紀信はこれでいいのか」「かわいそうだ」

等々・・お手紙をいただいたものでした

今読んで思うのは「劉邦が悪党じゃなくてよかった^^;)」

ということと、

紀信のあやうさが「やっぱりかわいそうだな・・」

ということです

CAI_0095

↑(坂本志保さんのカバーデザインは 背表紙もステキです)

CAI_0094

そして、帯文のヤマダトモコさん

過分なお言葉を…(^^;)

心から感謝いたしますm(_ _)m

 

25年も前の作品ですが、

ご興味のある方はぜひ読んでみてください!

10月中旬発売です

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ