「ネフェルティティの胸像」は

↓ ごらんのように、片目が描かれていない像です

(紙が光って見えませんか?^^;)

これは私のキャラで描いたので、童顔な感じの絵ですが、

本物の像は、かなりリアルな美人像です^^

アンジェリーナ・ジョリーとか

ソフィア・ローレン(知ってます?^^;)系の・・

ナゼ片目がないのか?エジプト史の謎と言われています

CAI_0509

↑ このひとの本名は「キヤ」

ミタンニ(今のシリアのあたり)からエジプト王に嫁ぎ

ネフェルティティ(やって来た美しい人)と呼ばれました

・・・が、王妃とは名ばかりの囚われ人

CAI_0511

トトメスは、アテナイからやって来た職人

都の設計から、ネフェルティテイの胸像作りまで依頼されます

CAI_0510

天才建築家と称賛されていたトトメスでしたが、

実はその裏では

宰相アイの陰謀が渦巻いていたのでした

CAI_0512

自分の仕事が、戦争への加担だったのだと知り

トトメスは、ある決心をするのでした・・

CAI_0513

この話は、1990年前後に描いたと思いますが

当時は「胸像がなぜ片目だけなのか?」という疑問に

答えを出そうとワクワクして描いていたような

気がします。

また、このころは湾岸戦争があったので、

作品にもその影響が出ていたような・・

「ネフェルティティの胸像」は12月発売の

「諏訪緑ファンタジー短編集 2 ネフェルティティの胸像」

に初収録されます(^^*)

 

 

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ