「こんにちは、あっちゃんです、ぶるるる~

今日はとっても寒いです~えへ~」

「ハロー、・・・北海道は今年一番の冷え込みなんですって・・・・ふふ

服を着せられちゃったリカです・・・ふふ」

001

 

 

 

「なんだってこんな趣味の悪い服を・・・ふふ」

「・・・あれ~?それはリカの毛皮じゃなかったんですか~?えへ~」

002

 

「リカの柄は、黒白グレーでもっと大柄なのよ・・・ふふ」

「あっちゃんは、赤色のお洋服です~、あっちゃんは気にいってるですよ~えへ~

あったかくって、かわいいです~」

003

 

「着ているものより、中身が大事よ!・・・ふふ

どうでもいいから、遊びましょうよ・・・ふふ」

 

005

 

「あっちゃんは、足の指の間に雪がいっぱい入ったです~え~~ん

もう歩けないです~クマさん、救助に来て~です~」

「まったくもう、あっちゃんは雪山救助犬にだけは、なれないわね・・・・ふふ」

 

(あっちゃんは、私が助けに行くと、ひっくりかえって足を差し出します。

私が、雪を指の間からかきだすと、また歩き出しました^^)

 

007

 

「ふう~、寒さに弱い妹のせいで、散歩時間が短縮されちゃったわ・・・・ふふ」

「ごめんなさいです~えへ~」

008

 

 

「また明日~」

009

 

 

 


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ