リカ&アルナワーズ洋服を着る

 

「ハロー、リカよ・・・ふふ

土曜の昼下がりを、いかがお過ごしですか?・・・ふふ」

032

 

 

「こんにちは~あっちゃんです、えへ~

あっちゃんは元気です、クマさんの影とツーショットです~えへ~」

034

 

 

「リカはすっかり元気・・・ふふ」

「え~、うそです~、

リカは、昨日までは元気だったですけど~

また、今朝、ちょっと、ピーなウ●チしたですよ~」

035

 

 

「大丈夫よ、血便じゃないし・・・ちょっと軟便なだけじゃないの・・・ふふ

下の話でごめんなさいね・・・ふふ」

「クマさんは、心配してるですよ~えへ~」

031

 

 

「・・・・・・で、洋服を着せられたのよ・・・・・

はっきり言って、メイワクなんですけど・・・・・ふふ」

006

 

 

「リカが着るなら、あっちゃんだって、着るですよ~えへ~

あっちゃんにも、着せてって言ってるのに、クマさんは・・」

『え~、なに?あっちゃんは元気だから、服なんか着なくていいでしょ?!』

「いやです~、あっちゃんも着るです~」

『ほんとに着るの?家の中では暑いよ、たぶん・・・外出の時だけ着たら?』

「いやです~、リカとあっちゃんはなんでもおそろいなんです~着るです~」

『しょうがないなあ・・・』

 

004

 

「・・・というわけで、あっちゃんも着たのよ・・・ふふ

リカのほうが、オーガニックで、ステキな服だけどね・・・ふふ」

 

002

 

「あれ~?リカのこのあたりが、やけに暖かいですね~?えへ~」

 

 

003

 

 

「カイロが入ってるのよ・・・ふふ

いらないって言ってるのに、クマさんったら、よっぽどリカが

心配なのね・・・ふふ」

001

 

「ずるいです~

あっちゃんにも、カイロをいれて~

はあはあ・・・・このお洋服は綿入れタイプで、あついです~」

005

 

 

「クマさんったら、ストーブまでつけちゃって

・・・真冬じゃないんだから・・・ふふ

リカは、療法食もあるし、お薬もたくさんもらってるから

大丈夫よ・・・・たぶん・・・ふふふ」

008