佐藤史生先生

ゆうべ佐藤史生先生の訃報を聞き、驚いています

そして悲しいです

SFまんが作家

あの時代にとっても、私にとっても特別の雑誌

「プチフラワー」のカラーを特徴づけていた作家さんです

こんなすごい作品を定期的に雑誌で

この値段で読んでいいのかしら

と、毎回ドキドキしながら読んでいました

そのくらい内容が濃くて、深くて、新しかったんです

諸星大二郎先生と佐藤史生先生は

私にとってはSFの二大巨星

一度だけ、ご本人にお会いしたことがあります

ほっそりと小柄で、ワインをおいしそうに飲んでいらして・・

お顔立ちが東北系(?)の方で、私も東北系なので

勝手に親近感を抱いていました

飾らないざっくばらんな印象でしたが

知的で、繊細な雰囲気はやはり作風同様だったように感じます

本屋さんにあれば必ず買う作家さんだったのに

なにか悔しい気持ちすらします

とても残念です

ご冥福をお祈りいたします

↓ 深い意味はありませんが、お医者さんの「華ダ」の絵を・・