根性ゲーム

 

「こんにちは、あっちゃんです、えへ~

今日は、さっそうと、フリスビーしてるですよ~」

025

 

 

「ハロー、リカよ・・・ふふ

今日のリカは、ボール!

口がへんに開いてるみたいだけど、

オレンジ色のボールをくわえているの・・ふふ」

019

 

「でも、フリスビーも、好きよ・・・ふふ」

「リカ~、ひきょうです~、フリスビーは、あっちゃんによこすです~えへ~」

003

 

「いやあよ・・・ふふ」

「荒野の決闘です~えへ~」

004

 

「荒野の決闘?なによそれ?・・・ふふ」

「鉄砲でバンバンする映画です~

おとうさんが見てたです~えへ~」

001

 

「はあ~、今日もやりきった、あっちゃんです~

つぎの楽しみは・・・・えへ~」

007

 

「なにがやりきったのかしら?

あっちゃんたら、おとうさんのおやつが気になって、

1回しかフリスビーを取りに走らないんだから・・ふふ

リカは、おやつ前に、5~6回はフリスビーで走り回りたいわね・・ふふ

005

 

「・・・と、言いつつ、必ずリカの方が、先におとうさんの前に座るです~えへ~」

「これは、姉としての権利と、あっちゃんへの思いやりよ・・ふふ」

009

 

「さあさあ、おとうさん、いもけんぴをくださいな・・・・ふふ」

「あっちゃんにも、くださいです~えへ~」

011

 

「むぐむぐ・・」

「コリコリ・・」

010

 

「あ~おいしかった~ふふ」

「リカの毛が、またバクハツしてるです~えへ~」

018

 

「冬だから、このくらいのバクハツはちょうどいいわね・・・ふふ」

「あっちゃんは、薄毛で寒いです~えへ~」

014

 

「寒いなんて、運動不足なんじゃない?クマさんも、このごろ太りぎみだっていうし、・・

ああ、いえいえ、クマさんが自分でそういうだけの話よ・・・ふふ

リカが思うに、ふたりとも、走りが足りないわね・・・ふふ」

016

 

「あっちゃんは、フリスビーは1回、ボールは気が向けば取りに走るだけです~

だって、リカと一緒に走ると、根性ゲームみたいになってこわいです~

どっちかが、取るのをやめないと、必ず激突するですよ~えへ~」

021

 

「そういう時は、必ず、あっちゃんが回避してるです~えへ~

大人の対応です~、激突して、ふたりとも転んで、ゴロゴロころがると

クマさんが絶叫するので、いやなんです~えへ~」

「・・・・それは、同感ね・・・ふふ」

023

 

「はあ~、今日もめいっぱい遊んだわ・・・ふふふ」

「あっちゃんは、いもけんぴがおいしかったです~えへ~やりきったです~」

026

 

「座ってると、あっちゃんがお姉さんみたいです~えへ~」

「座高が高いってこと?・・・ふふふ」

027