熊に羽が生えたような生き物?

 

「ハロー、リカです・・・寒くなってきたわね・・・ふふ

日曜の昼下がりを、いかがお過ごしですか?

リカは元気、・・・・ゲリ?拾い食い?

それって、いったい誰のことなのかしら?ってくらいに

気取った写真がとれたわ・・・ふふふ」

014

 

 

「じと~、リカは黙ってると女王様みたいですけど~

本当は、拾い食いの女王です~

性格も、下町のチャキチャキ娘です~えへ~」

020

 

 

「今日は、怖いことがあったです~えへ~」

 

015

 

「なによ、熊でも出没したっていうの?・・・ふふ」

「ちがうです~黒いところは熊と同じですけど~

そいつは、黒くて、しかも空を飛ぶ生き物です~えへ~」

017

 

「熊に羽が生えてるような、生き物??

それは最強ね・・・・・・・

あ!カラスね・・・・!!」

「よくわかったですね~えへ~」

「黒くて、空を飛んで、熊より強い・・・といえば、カラス以外いないじゃない・・・ふふ」

「・・・・強いとは言ってないです~えへ~」

018

 

 

「ふふ・・・でも、リカは別に、怖いことなかったわよ・・・ふふふ」

021

 

「リカは、ずるいです~

カラスが20羽くらい飛来したので、クマさんは、ソッコーで

リカを抱っこしたです~」

「そうそう、そうだったわね、クマさんったら、よっぽどリカがかわいいのね・・・

じゃなくって・・・・リカはカラスに狙われやすいから・・よね・・・ふふ」

「あっちゃんは、クマさんのうしろをついていこうとしたのに、

4羽のカラスが、あっちゃんの前後左右に降りてきて、

あっちゃんは、身動きできなくなったです~

こわかったです~えへ~」

(かわいそうだったね~あっちゃん^^;

でも、よくカラスをふりきってきたよ~強い強い、エライエライ)

022

 

 

「散歩は、途中で中止・・・・、頭上をびゅうびゅう飛び交う

カラスをかわしつつ、急いで車にもどったです~」

023

 

「・・・・・クマさんは、本当は、あっちゃんよりリカのほうがかわいいですか~?どきどき」

「あら・・まあ、今日の事件で落ち込んでるのかしら?

大丈夫よ、クマさんは、あっちゃんのことも可愛いと思うわよ・・たぶん・・・ふふ

あっちゃんは、いつもカラスを追っ払う強い子だから、

大丈夫と思ったんじゃない?・・・ふふ」

「リカの、余裕ある発言がふゆかいです~えへ~」

024

 

 

「これは、昨日の写真なのよ・・・ふふ

「昨日は、クマさんが『飯寿し』を漬けてたのよ

一日がかりだったみたい・・・ふふ」

005

 

「家じゅうに、酢の匂いがただようです~くんくん」

011

 

「だいこんと人参です~」

001

 

「しょうがときゅうりと、ゆずもあるです~」

002

 

「クマさんが刻んだだいこんと人参・・・去年より少なめです~」

003

 

「一晩、酢に漬けこんだ鮭3匹~」

004

 

「ぜんぶミックスをして、あとはふたをして重石をかけて

40日後を待つです~」

007

 

「ふ~おつかれさま・・・ふふ、

あっちゃん、おやつをいただきましょうよ・・・ふふ」

008

 

「リカ~、もう、おやつを食べても大丈夫ですか~?」

「へいきへいき・・・ふふ」

010

 

「あ、オロナミン・・・去年も『飯寿し』に入れたですよね~?えへ~」

(オロナミンは、人間のお腹に入れたんだよ^^)

012