リカの、うっぷんがたまった顔

 

「こんばんは、ヒーリングドッグの

あっちゃんです、えへ~

あっちゃんはとっても元気です~

弱い子と、ちがいますよ~えへ~」

006

 

「誰が、弱い子だっていうの?・・・ふふ

ハロー、リカです」

「・・・胃腸が弱い子です~リカは~えへ~」

009

 

「やめてよね、弱い子扱いは・・・おおーーん」

001

 

 

 

「リカは、たまたま、悪いものにあたっただけで、

普通の胃腸の持ち主なのよ・・・ふふ・・・おおーーん」

「どうして、悪いものにあたったんですか~?えへ~」

002

 

「え・・・・・・・・、ふふ・・・ふ」

004

 

「ストレートな物言いは、人間関係をこわすわよ・・・!わふー!!」

003

 

「クマさん~~ん、リカが狼狽してるです~めずらしいです~えへ~

クマさん、あんまり、リカを怒らないでください~かわいそうです~」

「あら・・・・、あっちゃんたら・・いいとこあるじゃないの・・・ふふ」

007

 

「散歩中、リカがなにかを口に運びそうになると

『こら、リカ!』『だめ!リカ!』って、クマさんは怒ってばかりです~

あっちゃんは、散歩が楽しくないですよ~えへ~」

011

 

 

「家の中で遊ぼうって、いうですけど~えへ~」

012

 

「うっぷんのたまっている、リカは、こうです~えへ~」

「ふうふうふう・・・・ニューズペーパーソードは、リカのものよ・・・ふふふ」

010

 

「くまさん、リカが治ってよかったですね~

でも、もっと前から、リカの拾い食いを、注意してあげていればよかったですね~

(その通り!^^;)

・・・え?あっちゃんは、くいしんぼうだけど、拾い食いはしないですよ~えへ~」

013